過払い金請求 豊橋市

過払い金請求 豊橋市 多重債務 国籍帰化申請

過払い金請求 豊橋市
多重債務
多重債務4つの解決方法
任意整理について
過払金返還請求
過払い金請求手続きと費用
多重責務 解決事例集
過払い金に関する最新判例

国籍帰化申請
帰化申請のお手伝い
韓国戸籍請求・翻訳

成年後見申し立て
こんな時は・・・成年後見制度
成年後見の手続きと費用

他にもこんなことでお悩みであれば
抵当権抹消について
不動産登記/会社・法人登記
相続・遺言・贈与
金銭・賃貸トラブル・悪徳商法
司法書士による法律相談
行政書士業務

事務所のご案内
代表挨拶・スタッフ紹介     相談料について
事務所案内・地図
総合Q&A
お問い合わせ

過払いに関する最新判例

過払い金請求に関する最新の最高裁判例(平成21年1月23日)
[text]
平成21年1月22日、最高裁判所第1小法廷は、
過払い金を返還請求する権利の消滅時効の起算点は、
過払い金発生時ではなく返済終了時である、
という初めての判断を下しました。

事件の概要
[text]
原告は、1982年から東日本信販(以下、被告という)と取引をしており、被告は利息制限法で定められた利息を超過して原告に貸付を行っていた。

原告と被告の間の取引を利息制限法で引き直し計算したところ、過払い金が判明したが、被告は、過払い金返還請求を行う権利が10年で時効を迎えているとして、96年以前の取引について発生している過払い金については返還する義務はないと主張していた。

それに対して原告は、消滅時効は、個別の返済で過払いが発生したときからカウントされるのではなく、原告と被告間の取引が終了したときからカウントされるべきであると主張し、被告との間の取引において発生している過払い金の全額返還を求めていた。

判決
[text]
最高裁は、原告の主張を認め、「限度額内で継続的に借り入れと返済を行うことが一般的な消費者金融との取引では、過払い金発生のたびに返還請求することは想定していない。一連の取引が終了した時点から時効は進行する」と判決を下し、被告に対して、過払い金の全額などの支払いを命じた。

この判決を受けて
[text]
この最高裁判決が下されたことによって、消費者金融業者と取引が続いている限りは、過払い金を請求する権利の時効がカウントされることはなく、また、完済した場合であっても、完済から10年以内に過払い金の請求をすれば、今回の事件のように何十年も前の取引にかかる過払い金も取り戻すことが可能ということになるため、「時効が成立したために過払い金を返してもらうことができなくなる」といった事態はほとんどなくなると見られています。

[-]

お気軽にお問い合わせください。
 |多重債務4つの解決方法任意整理について
 |過払金返還請求手続きと費用解決事例集
 |帰化申請のお手伝い韓国戸籍請求・翻訳
 |こんな時は・・・手続きと費用 不動産登記/会社・法人登記
 |相続・遺言・贈与金銭・賃貸トラブル・悪徳商法
 |司法書士による法律相談行政書士業務
 |代表挨拶・スタッフ紹介相談料について事務所案内・地図
 |総合Q&Aお問い合わせ
フッター区切り
Coryright(C)2009 豊橋市 司法書士法人ウィズ all rights reserved.