過払い金請求 豊橋市

過払い金請求 豊橋市 多重債務 国籍帰化申請

過払い金請求 豊橋市
多重債務
多重債務4つの解決方法
任意整理について
過払金返還請求
過払い金請求手続きと費用
多重責務 解決事例集
過払い金に関する最新判例

国籍帰化申請
帰化申請のお手伝い
韓国戸籍請求・翻訳

成年後見申し立て
こんな時は・・・成年後見制度
成年後見の手続きと費用

他にもこんなことでお悩みであれば
抵当権抹消について
不動産登記/会社・法人登記
相続・遺言・贈与
金銭・賃貸トラブル・悪徳商法
司法書士による法律相談
行政書士業務

事務所のご案内
代表挨拶・スタッフ紹介     相談料について
事務所案内・地図
総合Q&A
お問い合わせ

司法書士による法律相談

[text]
2003年の法改正により、法務大臣より指定された一定の研修及び考査試験をクリアした司法書士については、金140万円までの民事紛争について、民事訴訟手続、即決和解手続、支払督促の手続、証拠保全の手続、民事保全の手続、民事調停の手続などについての交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認められました。(以下、認定司法書士という。)
[text]
これにより、1社につき借金の金額が金140万円以下の場合には,債務整理手続を弁護士だけでなく、認定司法書士にも依頼することが可能となりました。

したがって、1社につき借金の総額が金140万円を超える場合は、認定司法書士に交渉権はありません。
ただし、書類作成手続きのサポートはできます。

また、認定司法書士の訴訟代理権は簡易裁判所のみに限られており、それ以外の裁判所(地方裁判所など)では弁護士のみに訴訟代理権が認められ、認定司法書士は訴訟代理人になることはできません。

訴額が1社につき金140万円を超えないレベルであれば、話し合いで解決できるのです。
≪認定司法書士≫があなたに代わって債権者へ交渉します。

お気軽にお問い合わせください。
 |多重債務4つの解決方法任意整理について
 |過払金返還請求手続きと費用解決事例集
 |帰化申請のお手伝い韓国戸籍請求・翻訳
 |こんな時は・・・手続きと費用 不動産登記/会社・法人登記
 |相続・遺言・贈与金銭・賃貸トラブル・悪徳商法
 |司法書士による法律相談行政書士業務
 |代表挨拶・スタッフ紹介相談料について事務所案内・地図
 |総合Q&Aお問い合わせ
フッター区切り
Coryright(C)2009 豊橋市 司法書士法人ウィズ all rights reserved.